医者と看護師

精神科の医師求人を見てみよう|必要とされている職業

企業勤務医も募集されます

女医

精神科の医師求人は、病院の規模によっても勤務体制が異なります。当直などの有無についても、確認事項の一つとして数えられます。精神科の医師求人における給与については、かなり高い数字を期待する事もできます。しかし、勤務環境などを確認して、自身の生活と合わせて見ていく事が大切です。

いい場所を探すには

女医

精神科に就職したい人にとってとても便利なのが医師求人に関するサイトです。非公開求人も取り扱っており、最高の条件の精神科に就職できます。一人で就職活動をするのが不安な人のためにコンサルタントもいます。

相場を把握して有利な条件

カウンセリング

精神科の医師求人には、給与だけでなく福利厚生などの待遇面も詳細が掲載されています。常勤か非常勤か、そして日勤のみか夜勤も含めるのかといった働き方でも条件面が変わるので、希望に合うかを確認して選ぶと満足できます。

精神保健指定医を目指す

カウンセリング

大きい病院を選ぶ

精神科の医師求人の中で、特に注目すべきものは、精神保健指定医の資格を取れる求人です。精神保健指定医は3年以上の精神医の実務経験と、厚生労働大臣が定める臨床経験があれば、なることができます。この資格を取得済みの方だったら、それにこだわって精神科の医師求人を探す必要はありません。しかし、まだ取得されていない場合は、この資格を取ることができる精神科を探してみましょう。精神保健指定の資格を持っていれば、年収アップにつながりますし、患者さんの信頼も厚くなります。簡単に取れる資格ではありませんが、病院の現場で働きながら、研鑚を積めば、確実に取得できるものです。精神科によっては、この資格の取得を歓迎すると募集要項に明記しているところがあります。まずそのような医師求人を探しましょう。資格のことを明記しないで、医師求人を出しているところもあります。求人に応募する前に問い合わせてみるのが良い方法です。自分で問い合わせるのが難しかったら、転職サイトに登録し、コンサルタントに依頼しましょう。大きな病院だったら、この資格の取得を目指しやすいです。先輩の精神保健指定医が働いていたら、その人のもとで働くことで、有益なアドバイスを受けられるようになります。大きな病院の場合は、残業や当直を担当しなければなりません。身体的な負担になりますが、その点は辛抱するようにしましょう。それが難しい場合は、転職サイトをうまく使って、残業や当直が少ない病院を選びましょう。